Web Survive

Webで生きる道を模索するブログ

リセットスタイル

リセットスタイルとは

ブラウザにはあらかじめCSSが用意してあり、
自動的いHTMLに適用してある程度読みやすい状態で表示します。
たとえば各要素にマージンやパディングを設定して間隔や余白をもうけたり、
フォントの大きさや太さ、色、線などの装飾を施してくれのです。
このようにブラウザがはじめから備えているスタイルを(ブラウザの)
「デフォルトスタイル」
といいます。

しかし、CSSで見た目を詳細に指定するときに、
デフォルトスタイルが邪魔になることがあります。
すべてのブラウザで、ページ全体(body要素)の内側の余白、
見出し(h1-h6要素)の大きさ、
段落(p要素)と段落(p要素)の間隔などを同じにしたいと思ったとき、
デフォルトスタイルが影響していて思うようにいかないことがあるのです。

このような問題を避けるために、
デフォルトスタイルを初期化すためのCSSファイルを用意しておく方法がよく利用されます。このスタイルのことを「リセットスタイル」といいます。
ファイル名には「reset.css」や「default.css」などがよく使われるようです。
このCSSファイルを最初に読み込んでおくことで、
ブラウザ間での表示の統一がラクになります。

さまざまなサイトやブログでリセットスタイルが提案されています。