Web Survive

Webで生きる道を模索するブログ

ギリシャ問題で話題のデフォルトって何!?日本も借金があると聞くけど大丈夫?

      2015/11/28

greece-default
新聞やニュースで話題のギリシャ問題
ちょくちょく耳にする「デフォルト」とは一体なんなのか?
日本も借金があると聞くけど本当に大丈夫なのか?
デフォルトとギリシャ問題について少し調べてみました。

デフォルトとは

デフォルト=債務不履行(借金が返せないと決定すること)

今回のギリシャ問題におけるデフォルトは
国(ギリシャ)が借金を返せなくなった状態です。

国債には、償還期限があり、国債が償還期限を迎えると、
元金である国債の発行時の金額(額面額)が支払われます。
国債の購入者は、償還期限まで、決められた利率に応じた利息を受け取ることができます。

国債のデフォルト

・利息が支払われない
・償還期限がきても元本が支払われない

ギリシャ問題

これまでギリシャは、IMF(国際通貨基金)などから融資を受け、
デフォルトを回避してきましたが、
6月30日のIMF(国際通貨基金)への支払いを実行できず、
広い意味での「デフォルト(債務不履行)」を起こしました。
IMFはこれを「延滞」と定義し、直ちに「デフォルト」とするわけではありません。
ただし、支払いがないまま約1か月が経過すると、
「デフォルト」が宣言される可能性があるようです。

問題の表面化

ギリシャの財政赤字をGDPの5%程度と発表していたが、
新政権を交代したときに実際は財政赤字がGDPの12%であることが判明し、
その財政問題が国際社会で一気に表面化してしまった。

財政問題の原因

公務員の数が国民の10%(労働人口比率では30%近くに上ります)と多い上に、
その公務員の給料や年金を優遇しすぎている。

予想されるデフォルト後の国の流れ

①国家が国債を償還できずデフォルトする

②借金を返せないので国家の信頼がなくなる。

③その国家の発行した通貨の価値もなくなり、暴落する。

④相対的に物価が上昇しハイパーインフレが起きる。

⑤過剰なインフレにより人々は生活物資すら手に入れることが困難になる。

⑥失業者も増大し自暴自棄になる人が多くなって治安が悪化する。

⑦財政が破綻した政府にはそれを押さえつけられるような治安維持はできず、
 どんどん社会不安がひどくなる。

日本も借金があると聞くけど大丈夫?

日本の借金は1000兆円を越えている

日本政府も2013年で借金が1000兆円を越え、
国自体の収入(税収)も年間50兆円程度。
本来なら日本国債もすでにデフォルトしていておかしくありません。

日本がデフォルトしない理由

日本人の多くが資産運用をせずに銀行預金をしているのが大きな要因です。
世界では投資があたりまえになっている中、基本的に日本人は投資という行為をしません。
お金の管理は、すべて銀行預金ですましてしまう人が多く、
銀行に預けたお金は、銀行によって自動的に資産運用されています。
その運用先はだいたいが債券、すなわち日本国債(日本国の借金)になります。
日本の借金は、国民全員の銀行口座の預金を担保にして、まかなわれているわけです。
もちろんこれだけというわけではありませんが、
これが日本がデフォルトしない、大きな強みのひとつになっていると思われます。

逆に今後、アメリカのように、証券口座で株の運用をはじめる日本人が多くなれば、
国債は支えを失いますので、デフォルトしてインフレ・円安になる可能性は高いです。

日本人の銀行預金でアメリカを支えている?

アメリカでは国民の半数以上が資産運用をおこなっており、
米国債の元手がたりないためにデフォルトの危機が発生しています。
そしてその米国債を、日本政府は借金をして買おうとしています。
つまり、日本人の銀行預金は、この米国債にも使われることになります。
そしてアメリカ国民は、資産を株などで安全に運用しているわけです。
そう考えるとなんとも変な話になります。
資産運用しているアメリカ国民を支えるために、日本政府が手を貸しており、
その日本政府を無自覚のうちに日本国民が銀行預金で支えていることになります。

まとめ

ギリシャ問題のニュースをみて笑っている人もいますが
調べてみると、日本も「明日は我が身」とも思える状況だと思います。
特にギリシャの銀行預金封鎖のニュースには驚きました。
日本は銀行にお金を預けている人が多いので
封鎖なんかされたらギリシャ以上のパニックが起きそうです。

 - その他

  関連記事