Web Survive

Webで生きる道を模索するブログ

マイナンバー制度は本当に大丈夫なんだろうか?ってかマイポータルって何?

      2015/11/28

mynumber

もうじき導入されるマイナンバー制度
いろいろメリットはあるものの本当に大丈夫なんでしょうか?

つい最近も年金の情報が流出するといった
セキュリティすかすかの体制が露呈したばかり…

不安になってきたので
マイナンバー制度について少し調べてみました。

マイナンバー制度とは

社会保障・税番号(マイナンバー)制度は、
国民一人ひとりに固有の番号を割り当て、
それに基づいて国民の生活や収入など各自の事情に応じた行政サービスを提供するものです。
マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を
同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、
社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、
国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。

簡単にいうと

国民一人ひとりに自分専用の番号を国が割り当てますよ
その番号に個人の情報(特に収入関連)をつめこむよ!
その情報があればいろいろ生活が楽になるよ!って話ですね。

メリット

・ITに活用することで添付書類が不要となり、利便性が工場する
・社会保障や税に関する各種行政の事務が効率的になる
・国が本当に助けなければならない人をみつけやすくなる
・大災害時に積極的に支援が可能になる

デメリット

・マイナンバー導入に伴う初期費用が膨大
・セキュリティーの問題
・プライバシーの問題
・マイナンバーを利用した新たな犯罪の可能性

ここまではなんとなくは頭に入ってました。
ここからはもう少し詳しい話。

通知カード

2015年の10月に各自治体から個人に対して
「通知カード」という形で自分の番号が送られてくるらしい

マイナンバー制度の開始日

2016年の1月から開始予定

マイナンバーが導入された1月以降は各市町村の自治体で
マイナンバーが記載された「個人番号カード」というICカードが発行可能らしい

個人番号カード

記載されるのは

・生年月日
・性別
・氏名
・住所
・顔写真

個人番号カード(ICチップ)には
プライバシー性の高い個人情報は記録されないようです。

主な用途としては・・・

・本人確認・個人番号確認
・マイ・ポータルへのログイン
・インターネットへの安全なアクセス
・将来的には保険証機能を1枚の個人番号カードに一元化
・市町村による独自サービス拡大の可能性

だそうです、便利といえば便利かなぁ。

マイポータル(情報提供等記録開示システム)

2017年1月から 情報提供ネットワークシステムを通して情報の照会や提供が開始されます。
国民一人ひとりがインターネットで自分の情報を確認できるサービス
「マイ・ポータル」が開始されます。
また行政機関等による個人情報のアクセス記録を自らが確認することもできます。

情報提供記録表示

自分の特定個人情報を、いつ、誰が、
なぜ情報か提供したのかを確認

自己情報表示

行政機関などが持っている自分の特定個人情報について確認

プッシュ型サービス

一人ひとりに合った行政機関などからのお知らせを表示する機能

ワンストップサービス

行政機関などへの手続きを一度で済ませる機能

これ、セキュリティガチガチにしてもらわないと
情報が漏れた時に怖そう・・・

欧米などの諸外国でも似たような制度はあるらしい

アメリカ・・・社会保障番号
イギリス・・・国民保険番号
イタリア・・・税務番号
ノルウェー・・・個人識別番号

どうやら日本は後発っぽい

民間企業がビジネスにマイナンバーを利用できるか?

現行のマイナンバー法では、
個人番号の利用は社会保障、税、災害対策等の分野における
必要な限度での利用に限定されており、
原則として民間における利用は認められていません。
一方でマイナンバー法の付則では、
法施行3年を目途として、
個人番号の利用範囲を拡大することについて検討を加えることとされており、
民間利用も含めた検討が行われることが想定されます。

まとめ

マイポータルの存在を今回調べて初めて知りました。
マイナンバーの話を聞いている人は多くいると思いますが
マイポータルのことまで知っている人ってどれくらいいるのかな?
とりあえず、セキュリティに関しての不安がやっぱり拭えないです。

話が少しそれますがマイナンバーと同じくらい気になってる
日本年金機構の情報漏洩について
下記のサイトが詳しくまとめてありました。

▼日本年金機構の情報漏えいについてまとめてみた
http://d.hatena.ne.jp/Kango/20150601/1433166675

6月1日時点で流出した情報は

・基礎年金番号
・氏名
・生年月日
・住所

これら全て、またはいずれかが含まれる合計125万件が流出。
4つの情報すべてが含まれる380個のファイルには
重複を除くと約1.6万人が含まれてるそうです。

ちなみに今件については、
6月2日(火)から個別の確認が開始され、
該当する場合には個別にお知らせがあり、お詫びされるとのこと。
また、該当者の基礎年金番号を変更して対処するとのこと。

一応専用の電話窓口を記載しておきます。

フリーダイヤル:0120-818211
受付時間:8:30~21 :00 (平日及び土日も同じ)
※ただし上記受付時間は本日から6月14日まで

自分が知らない間に自分も忘れているような個人情報が
どんどん流出していってるような気がしてならない・・・。

 - その他

  関連記事